デリヘル等の風俗店での本番行為トラブル

  1. 風俗トラブル弁護士相談センター
  2. 本番行為トラブル

本番行為トラブル

本番行為・恐喝・脅迫

風俗での本番行為と脅迫・恐喝についての相談が後を絶ちません。

日本の法律では,金銭の授受を伴う本番行為は,売春防止法3条により禁止されています。
ソープランドで本番行為が行われている事は周知の事実ですが,あくまでも自由恋愛という建前で黙認されているだけで,本来は違法です。

特に,風俗店が集客のために,風俗嬢に本番行為を勧めたり,本番をする場所の提供をした場合には,管理売春として厳罰に処せられます。
ですので,デリヘル・ファッションヘルス・ピンサロ・イメクラ等では,女の子に本番行為を行わないように指導しております。

しかし,実際には,本番を許容している風俗嬢も多くいますし,むしろ風俗嬢から本番行為を誘ってくることすらあります。
風俗嬢も自分の生活があるので,お客をとるのに必死です。
単に出勤して待機していても,お客がつかなければお金は稼げません。
ですので,指名をとるためや,別途料金を貰うために,本番を行っている女の子は数多くいるのです。

実は,風俗店側も女の子が裏で本番行為をしていることは知っています。
女の子が稼げばお店にもお金が入ってくるので見て見ぬふりをしているのです。

このように,法律上は禁止されている本番行為が,半ば公然と行われている現状で,『たいていの女の子は本番行為をしても許してくれる』といった先入観がお客にはあります。
その先入観が,許されざる勘違いとなり,本番行為トラブルへと発展するのです。

しかし,現実問題として,売春防止法に違反したからと言って警察に逮捕されるわけではございません。売春防止法は管理売春を取り締まるのが主な目的であり,第3条には罰則規定がないため,違法ではありますが,警察が介入する余地はないのです。

また,女性の同意なく流れで(女性が拒否反応を示さなかった,様子を見ながら挿入を試みたが特に女性が抗うことなく射精に至った,挿入して初めて女性が騒ぎだした等)本番行為に至った場合でも,風俗嬢に対し,暴力をふるったり脅したりして挿入したのでなければ,強姦罪として逮捕されることはありません。
※もちろん,刑事事件にならなければ本番行為をしていいというものではございません。
違法であることに変わりはないので絶対にやめて下さい。

なお,よく痴漢の冤罪事件と一緒に考えて,風俗嬢が強姦被害を受けたと主張すれば警察が動くと勘違いされている方がいますが,このような風俗嬢との本番行為トラブルで警察が介入することはほぼありません(「ほぼ」と書いたのは,暴力や脅迫で本番を迫った場合の例外があるからです)。

なぜなら,そもそも風俗のサービスというものは,男女が裸になって,本番行為以外の性的な行為が行われているのであって,街中で歩いている女性を車に連れ込んでレイプするとか,お酒や薬を飲ませて意識朦朧とした女性をレイプするといった事件とはまったく性質が違う上に,密室内で行われることで立証が難しいこと,さらには痴漢事件と違い,強姦罪の量刑は非常に重いことから,警察も慎重な行動をとらざるを得ないのです。

ただ,もちろん風俗嬢が,「暴力を振るわれて押さえつけられて挿入された!」と主張すれば,警察も念のため事情聴取を行うこともありますが,「暴行や脅迫を用いて」挿入したのでなければ,堂々とその旨主張すれば,明確な証拠がない限り,民事不介入の原則として警察がそれ以上介入してくることはありません。

実際問題,風俗店で本番行為トラブルになって,その場で警察を呼ばれ,警察署に移動して任意で話を聞かれた,といった相談も風俗トラブル弁護士相談センターには多く入ってきておりますが,最終的に警察は,「当事者同士で話し合って解決して下さい」という対応で終わっております。

ですので,何度も繰り返しとなりますが,「暴力や脅迫行為」を伴っていなかったなら,何も怯えることは御座いませんのでご安心下さい。

念のため,下記でもう一度,本番行為絡みの法律を確認しましょう。

風俗での本番行為と法律

【売春防止法三条】
何人も,売春をし,その相手方となってはならない。
→第3条には罰則規定なし!

【強姦罪 (刑法177条)】
暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は,強姦の罪とし,3年以上の有期懲役に処する。13歳未満の女子を姦淫した者も,同様とする。
【強姦未遂罪(刑法179条)】
第176条から前条までの罪の未遂は,罰する。

上にも述べましたが,ここで着眼すべきは,強姦罪は,「暴行又は脅迫を用いて」といった構成要件が存在する点です。

本番トラブルを起こした方の殆どの方が,「暴行や脅迫」で本番行為に及んだわけではなく,「なんとなく流れで」「拒否する様子がなかったから」「行為の最中に誤って」といった理由で本番に至っています。

とすれば,女性の同意がなくとも強姦罪は成立することはないのです。

どうしても心配な方は,下記サイトでこれまでに風俗のサービス中に暴力や脅迫が伴わないのに刑事事件として扱われ,犯罪行為として裁かれた判例があったかどうかをお調べしてみるといいでしょう。
刑事事件ではそのような判例は見当たりません。
1.判例検索サイト
2.判例検索サービス(有料ですので,どうしても心配な方だけ利用しても良いでしょう)

 

ただし,刑事上問題にならなくても,風俗嬢の同意なく挿入したのであれば,民法709条による民事上の責任は発生します。具体的には,性病や妊娠検査のための病院代,風俗嬢に対する慰謝料の合計です。

では,これらの検査費用や慰謝料を請求されたらすぐに払った方がいいのか?
また,これらの金額の他,本番行為禁止によるお店からの罰金要求に応じなくてはならないのか?

罰金については,風俗店と罰金に記載の通り払う法的義務はございませんが,では,風俗嬢に対する慰謝料等の支払はすぐに応じなければならないのでしょうか。

実は,ここで言われるがままにお金を払うか否かでこれから先の状況が変わってきます。
下記で詳しくご説明します。

本番トラブルへの対応・対処方法

風俗トラブル全般に共通することですが,風俗店側は,最初の請求を,払えるであろう少額の金額(具体的には10~30万円)を要求する手口をよく使います。

そして,その金額を支払ってきた者に,あれこれと理由をつけて執拗に金銭を要求してきます。
この要求金額を支払うか否かによって,相手方を値踏みし,支払った者は「カモ」として扱われます。
『この金額で解決するなら…』といった甘い考えが事態の収拾を遅らせることになるのです。

「この金額であとは一切要求しない」「本番行為があったら普通の風俗店では300万くらい取るけど,うちはちゃんとした店だからこの金額で終わりにするよ」「示談書作るから安心して」等,どんな言葉をかけられようが,絶対に風俗店にお金を支払ってはいけません。

「警察に被害届だす」「訴訟を起こす」「家族や仕事先に知られることになる」等の言葉をかけられた場合も同じです。

また,お金を払う事はもちろん,お金を払う約束の念書等も絶対に交わしてはいけません。

しかし,このサイトを見ている方の中には,既に風俗店の言われるがままにお金を支払ってしまった人や念書を書いてしまった人もいることでしょう。

そこで,場合分けをして,本番行為トラブルへの対処法をお伝えします。

まず,暴力や脅迫を用いて風俗嬢に本番行為を迫った場合はもちろんのこと,風俗店から免許証や保険証のコピーをとられたり,会社の名刺をとられたり,「本番行為を強要しました。損害賠償として○○万円支払います」等の念書を書かされてしまった場合には,早急に法律家への相談をおすすめします。なお,風俗トラブル弁護士相談センターの顧問弁護士・顧問司法書士へのご相談ご依頼も可能です
※その際に,風俗トラブル弁護士相談センターに費用をお支払いする必要も,ご依頼をいただく必要も全くありません
また,こんな弁護士や司法書士には注意!!も必ず読んで,二次被害に遭うことのないように注意しましょう。

次に,ホテルや店舗から出てから,携帯電話にお店や風俗嬢から着信があった場合には,風俗トラブル弁護士相談センターに早急にご相談下さい。
このようなケースでは,住所や職場等の個人情報は知られていない段階ですので,携帯番号からの個人情報の流出を防ぐ対策をとれば,ほとんどのケースで解決します。
※しつこいようですが,殴る,蹴る,力づくで押さえつける,騒ぐと殺す等の台詞で脅すなどの手段で本番行為をした場合は別です。

また,「このような本番行為トラブルのケースでは,どう対処すべき?どこに相談すればいい?」と悩まれている方も,お気軽に風俗トラブル弁護士相談センターにご相談下さい。

長年に渡り数多くのご相談を受けてきた風俗トラブル弁護士相談センターだからこそお役に立てる事も御座います。
加えて,風俗トラブル弁護士相談センターでは,人の心の痛みがわかる暖かい気持ちをモットーとしております。
一人でお悩みを抱えずにお気軽にご相談下さい。

基本的には,先にお電話された方から順番に担当弁護士にお繋ぎします。
また,深夜のご相談の場合は,担当弁護士からの翌朝の折り返しになることもございます。
しかし,緊急を要する案件につきましては,担当弁護士と優先的にご相談することが可能です。
緊急を要する案件とは,明日中もしくは近日中に要求された金銭を支払わなければ問題を起こすと脅されているような場合を指します。
直ぐにでも弁護士に依頼して被害の発生を食い止めたい方は,深夜早朝問いませんので,電話受付者にその旨お伝えください。

本番行為トラブルの相談と解決事例

相談事例1 流れで本番行為をしてしまった

□ご相談者 男性(52歳)

□ご相談内容
先日ファッションヘルスを利用した時、自分だけではなく女性の方も盛り上がり、そのまま流れで本番行為をしてしまいました。本番行為をしている時には女性は何も言ってきませんでした。 その後お店を出る前に、女性とLINEの連絡先を交換しました。お店を利用してから数日経ちますが、今後恐喝されたり店舗から連絡が来て罰金を請求されたりするのではないかと不安になっています。 実際に被害が出てからでは遅いと思ったのと、不安でたまらないことから相談させていただくことにしました。

□解決内容
このケースでは、現状何らかの被害が出ているわけではありません。しかし、女性とは連絡先を交換していることから、今後何らかのトラブルに巻き込まれてしまうのではないかと不安になっての相談でした。 交換したのはLINEの連絡先だけで、店舗型のファッションヘルスということもあり、携帯電話などは知られていないことや、お店を利用して数日経っているが何の連絡も来ていないことから、今後考えられるトラブルについての事例をお伝えしてその際のアドバイスを行いました。その後特にお店からの連絡はないとのことでした。

相談事例2 風俗嬢から本番行為を勧められたが、後からお店から罰金を請求された

□ご相談者 男性(41歳)

□ご相談内容
これまでに何度か指名している女性から本番行為を勧められました。ゴムをつければ大丈夫と言われ、女性側も積極的だったため本番行為を行ったところ、後日「店側にばれた」との連絡がありました。 その後店に呼ばれ、免許証のコピーを取られて携帯電話の番号や住所なども相手に知られてしまいました。早急に罰金として100万円を支払うよう言われていますが、支払わなければならないのでしょうか。

□解決内容
風俗店は本番行為が禁止されていますが、このように女性側から本番行為を誘われるケースもあります。本番行為を許容することでより指名を増やしたり、追加料金を請求して儲けを増やしたりすることが本来の目的です。
しかし今回は、本番行為が店側にばれたということになっていますが、デリヘル嬢が告げ口しない限りお店にばれるはずがありません。これは元々店側が女性とグルになっているという悪質なケースとなります。店から請求されている罰金については、「風俗店と罰金」のページでも説明している通り、罰金の支払い義務はありません。 しかし今回のケースでは、携帯電話の番号のみならず、住所や名前などの個人情報を知られてしまっています。そのため、店側の要求を無視していると自宅のみならず勤務先にも請求が来る可能性があります。 相談者は、罰金を払わなくて済むことに加え、渡してしまった個人情報を速やかに破棄してもらい、今後二度とこの件で接触されないことを求めていました。そのため、風俗トラブル弁護士相談センターの弁護士が入って交渉に当たり、罰金の支払い義務が法的にないことの確認を行うとともに、個人情報の破棄を確約する書面を交わして身分証明書のコピーを取り返すことで解決しました。

相談事例3 了承があると思っていたが慰謝料を請求された

□ご相談者 男性(59歳)

□ご相談内容
女性に対して挿入してもよいか聞いたところ、最初は断られましたが、何度かお願いしたところ断らなくなったため、了承してくれたものと思い、本番行為を行いました。ところが行為が終わった後、お店に電話すると言い始めました。 その時点で悪かったと謝罪しましたが結局はお店に連絡され、「うちは本番行為が禁止なのは知っていますよね」「責任取ってくれるんですか」と強い口調で言われました。 罰金として100万円支払うように言われましたが、怖くて断ることができず、近くの銀行で50万円を下ろして支払いました。残りの50万円を支払わずに解決していただけますか。

□解決内容
風俗店と罰金」の章でも説明していますが、風俗店側が定めている罰金について支払い義務はありません。しかし、このケースではすでに50万円を支払ってしまっています。一度お金を支払ってしまうと、これからもお金を取ることができる「いいカモ」だと認識され、理由をつけて延々と金銭を要求されてしまう可能性があります。 今回は最初に支払った50万円で終局的に解決させたいという相談者の意向だったので、弁護士が交渉に当たり「今後この件で二度と関わらない」という文言を入れた示談書を作成して解決に当たりました。

相談事例4 本番行為はしていないのに、しただろうと言われている

□ご相談者 男性(37歳)

□ご相談内容
先日風俗を利用しました。規約にあった通り、本番行為は行っていません。しかし個室を出ると男性に呼ばれ、事務所のようなところに連れて行かれました。 そこで男性から「本番行為をされたと女性が言っている。無理やりしたのであれば警察に行く用意もある」と言われました。本番行為はしていないので、「やっていない」と強く主張しましたが聞き入れてもらえず、長く拘束された挙句に「罰金を支払え」と言われ念書を書かされました。念書は控えをもらっていないため、どんな内容だったかはわかりません。 念書と同時に携帯電話の番号も控えられたため、帰宅してから何度も着信があっています。しかし、私は本番行為をしていないので罰金を支払いたくはありません。それに携帯電話の番号を知られているのも不安です。

□解決内容
このケースでは念書にサインをしていますが、サインする前に一定の時間拘束されています。これは刑法220条の監禁罪に当たる可能性があります。また、警察に行く用意があるとの発言の後に念書にサインを求められていることから、222条の脅迫罪に当たる可能性もあります。 そのため、相談者の自由意志に基づいてサインされていない念書については効力の無効を主張し、また携帯電話の番号を破棄するように弁護士を交えて交渉を行いました。